きおらんきおらん

中学受験にも英検加点を使える学校があるのをご存じですか?うちの姫ちゃんも使いました!中学受験の英検優遇措置について解説します!

姫ちゃん姫ちゃん

このたび中学受験をした張本人。兄とは4歳差だが、思考は4歳上。超楽天家。語学が得意(国語はノー勉強でも高得点。小3で英検3級をさらりと合格し、韓国語を独学で勉強中)

算数は元カレ(小5の時の彼女の発言。かなり前にお別れし、復縁は望まないらしい)

旺文社英検ネットドリル

・英検3級以上取っていると有利!

最近の私立学校は、グローバル教育に力を入れているところが非常に多い印象です。その流れからか、英検を持っていると受験の際、優遇してくれる学校が増えてきました。

その数なんと1741校!日本英語検定協会のWEBサイトによる)

3級以上を持っていると有利なケースが多いです。

優遇のパターンは大きく分けて4つのケースがあります。

ケース1:得点を加算してくれる

入試の時の得点に加点をしてもらえます。加点対象になる級や実際に何点加点されるのかは学校によって異なりますが、1点を争う入試においては非常に大きなメリットですよね!

ケース2:合否判定時に優遇してくれる

「合否判定の際に考慮する」ことを定めている学校があります。具体的には、学科試験の得点がボーダーライン上にあった場合に英検を取得していると優遇してもらえるなど、合否判定の参考資料にしてくれるということです。

ケース3:学科試験を免除してもらえる

3級以上の取得者のケースが多いですが、1科目学科試験を免除してもらえるところもあります。

ケース4:特待生扱いになるところも!

入学金が免除になったり、奨学金制度(返済不要)の対象になったりする学校もあります。

入学後に優遇されるところも!

授業料の減額や留学費用の一部補助など入学後に優遇のある学校もありますよ!

・どんな学校で採用されてるの?

中堅校に多い印象です。御三家(開成、麻布、武蔵、桜陰、女子学院、雙葉)などの難関校は採用されていません。

今はまだ国算理社の4教科をきっちり勉強して受験に臨むのがベストではありますが、みんなで同じことをする必要はないのです!

学校側がいろいろな受験スタイルで募集するのは、いろいろなタイプの生徒が欲しいからでしょう。

英語が得意な子、というのもその一つです。

・まとめ

文頭にも書きましたが、1点を争う受験において、英検を持っているだけで加点してもらえたり優遇措置を受けられたりするのは、とてもありがたいですよね!それに、受験直前には「その措置がある」と思っただけで気持ちが軽くなったりするものです。

ちなみに…うちの姫ちゃんも英検優遇(3級)を受けて合格した学校に進学します。国算2教科で受験しましたが、算数が全然できなかったそうです。それでも合格できたということは、かなり優遇してくれたんじゃないかな?と思っています。

私の印象では、3級まではそんなに苦労しなくても取得できます!それなりに英語を勉強している子は小学校高学年までには取得できています。

早々受験塾に通って4教科を学ぶよりも、5年生までに英検3級を目指す、という選択肢はかなり受験には有利ですよ!

・お手頃なデジタル教材があります!

旺文社「英検 ネットドリル」は、旺文社の「英検でる順パス単」「英検予想問題ドリル」「英検全問題集及びCD」の準1級から5級までの全24種類をひとまとめにした、タブレットPCとパソコン両方で学べるデジタル教材です。

これなら、すき間時間に進められ、英検対策におすすめです!

料金は3級だと9,900円で1年間使い放題!

塾に行くよりずっとお手頃価格です!!

今すぐ無料体験↓↓↓↓を!

旺文社英検ネットドリル